E71、その後の顛末

修理しましょうかという神の声に従って、メモリーカードを抜いた状態で端末を某所に送ったところ、「端末起動しまっせ」と予想外のご連絡が。確かに起動した画像も見せられて、んなーあほな。。。うれしいはずなのに喜んでいいやら、わからぬままに端末が戻ってきた。

念のため新しい電池に入れ替えて、さっそく電源を入れると、メモリーカードなしなら確かに起動する。ただし、メモリーカードを挿してから電源を入れると、やはり起動しない。こいつか、原因は!そこで、別のメモリーカードをフォーマットして、必要なファイルをコピーして、再度挿してみたけれど、結果は同じく、起動しませぬ orz

おまけにメモリーカードなしで起動しても、言語入力を日本語にすると、Noteも開けられない、Webでアドレスを入力しようとしていきなり落ちるなど、日本語使えないやんorz

2009年7月から3年半、長期にわたって現役機だったE71に感謝しつつ、改めて、引退の道を歩ませることにした。色といい、手になじむ大きさデザインといい、これほど愛着のある端末はなかった。長い間ありがとう。

追記 余生は、目覚ましとして今まで通り使い続けることになった。長年の習慣で、Moby の In My Heart でなきゃ、目が覚めない身体になったようだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました