XiでBISを使った場合のシミュレーション

昨日は、Xiでブラックベリーが利用可能にとの情報がtwitterを駆け巡った。

根拠となるのは、ドコモの契約約款の改正に関するお知らせにある、ブラックベリーサービスのXi対応(2012年11月16日更新)だ。こちらに新旧対照表がリンクされている。

BlackBerry FanSite  Xi対応について 追加情報 さっそくDSに問い合わせた結果をアップなさっている。

さっそくプラン変更したらどうなるか脳内シミュレーションしてみた。プロバイダ料のBIS467円とモペラUスタンダード500円は誤差の範囲なので、そこまで細かくは計算していない。

現在BBで利用の回線は、データプランSバリュー(10万パケット無料分含む)で2226円/月(BIS含む)。私の使い方では、無料パケット分を毎月使い切れず半分近く残っている。この回線は、月々サポートも2年縛りもなし。これをXiにプラン変更すると満額請求がくるので、メリットはない。

一方、月々サポートありのXi回線は、タイプXiにねん+パケホーダイフラットで2673円/月(モペラUスタンダード500円含む)。あと1年半は月々サポートの恩恵を受けられる。またすでに他回線とプラスXi割を組んでいるので話が早い。この回線をBBで利用する場合、タイプxiにねん+パケホーダイライトに変更して1623円/月の予定。microSIMに変更してから一年以内なので、miniSIMに戻すのに変更料がかかる。

    メリット

  1. 現在BBで利用の回線を解約もしくはMNP弾として使える。
  2. 月額が約3200円ほど安くなる。
    デメリット

  1. miniSIMに戻すのに手数料がかかる。
  2. N9やLumia800使っているmicroSIMがなくなるので、別の回線のSIMを micro化しなくてはいけない。
  3. 月々サポート適用終了後は、料金が跳ね上がる。そのときどうするか。

コメント