N900で中国語入力

Kimitakeさんの maemocjk-him-scim-anthyをインストール済みなので、scim-pinyinを追加インストールした。
IMEngine (Anthy, Pinyin)の切り替え(ホットキー) 

ツールボタンを押してscim setup GUI画面に入り、ホットキーの設定をしようとすると、CTRL+Jが保存されず。そこで、コマンドで /opt/maemocjk/usr/bin/scim-setup を実行し、CTRL+Jはかなり長押しをしてみるとうまくリリースでできた。

pinyinを使って気づいたのは、簡体字に混じって繁体字も候補に挙がっていた。すべてに対応しているのか、一部なのかはまだわからないが、少々中文を使うには問題なさそうだった。候補の移動は矢印キーで、文字の確定はスペースキーで。エンターを押すと消えてしまう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする