E71の台湾人化(2)

無事台湾人化したE71は、手機語言と編寫語言ともにEnglishと繁体中文(台湾)のみ。

さて、+Jは編寫言語を英語に設定しないと動かない。下は繁体中文に設定したままの状態の図。一見+Jが立ち上がっているように見えるが、実際には注音符号しか打てない。おまけに中文入力もできない状態だ。

つぎは、注音輸入法での中文入力。予想変換もできて、嬉しい悲鳴。ただし、PCのキーボードに比べて限られたキーなので、配列が異なる。おまけに中文キーボードではないので、どこに何がふられているのか、慣れるまでちょっと時間がかかりそうだ。

では、ZTA4では、どうなるか? ZTA4も編寫言語を英語に設定しないと動かない。ただし英語はキーボードの印字のまま入力できた。+Jの場合は、中文キーボードの配列の記号が入力された。どちらも編寫言語を英語に設定しているのに、この点が異なっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. fuunymouth より:

    ZTA4は英語キーボード配列なんですね。で+Jは注音キーボード配列と。私のもの(ただしキートップは台湾中文)と同じ動作です。参考になりました。